ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ&イーブイ(ピカブイ)の評価・感想

2019年4月14日

今回は2018年11月16日に発売された、ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ&イーブイ。

通称ピカブイ、ポケモンレッツゴーをプレイしたので、評価や感想を語っていきます。

ちなみに僕はイーブイ版を買いました!!

スポンサードリンク

初代ポケモンのリメイク

今作はポケットモンスターシリーズ第一世代のピカチュウ版を3D化したリメイク作品です。

これだけでも評価が分かれるところですね。
新しいものがやりたいと思って購入すると痛い目を見てしまいます。
ただ、初代を未プレイの人や、思い出のソフトだからもう一度やりなおしたい人にはオススメです。

セリフも今までと同じなので、懐かしいセリフも結構聞けました。
最初にやったのは小学校低学年ですが、意外と覚えているものですねー。

あとタケシはちゃんと服を着てました。
規制は厳しくなりましたね。

ランダムエンカウントからシンボルエンカウントへ

僕がBWまでやってましたが、野生ポケモンとの戦闘はランダムエンカウントでした。

が、今作はシンボルエンカウントです。

草むらからポケモンが飛び出しています!!もうめっちゃウロウロしてます!!!

ポケモンGOの要素を入れてきてますね。新しい試みは良いと思います。
いちいち戦闘しないで楽に避けられるのはありがたかったです。

ひでんわざの概念はなくなった

びっくりしたのが「ひでんわざ」ってあったじゃないですか?
あれがなくなってるんですよね!!

正確に言うと、ヒジュツという概念をイーブイorピカチュウがストーリーを進めていく過程で覚えます。

覚えるといっても技として覚えるわけではなく、普通にポケモン自身が覚えるということです。

だから秘伝要因としてポケモンを手持ちに加えることもなくなりました。いやーラクチンでいいですね。ここはとても良い改良だと思います!!!

野生のポケモンとの戦闘が、ない!

野生のポケモンとエンカウントしたとして、戦闘がありません。

経験者がビビるところです。
ほんと「え?」でした。「え?」。

モンスターボールを投げてポケモンを捕まえるか、きのみを投げるか、逃げるかを選びます。

完全にPokemon GOです!!

まあ「ポケモンGoユーザーを取り込みたい!!」という気持ちは分かりますよ。
あんなに流行ってますからね。

だけど、うーん。経験者からすると物足りない!!!

他のレビューを見てみましたが、同じことを思ってる人はやっぱりいるようですね。

ちなみに経験値は「ボールをいかにテクニカルに投げたか」、「ポケモンのレベル」、「何連続で捕まえたか」等で貰える量が変動します。

ポケモンとじゃれあえる

イーブイ、ピカチュウでじゃれあうことが出来ます。

Joy-Conでなでまくると喜びます。

ちなみに着せ替えもできるので、自分のポケモンを可愛くして、ただただ眺めたい人にはオススメのモードです。

最終的にはリザードンにも乗れるようになります。

クリア後のやりこみ要素、ボリュームが少ない

どのシリーズにも言えることなんですが、やっぱりやりこみ要素はないですね。

シナリオに関してはミュウツーを捕まえたら正直やることがないです。

オリジナルの要素としては赤服のトレーナーというものがいます。
彼、彼女らは一匹のポケモンだけをものすごーく愛していて、手持ちは一匹だけです。
そして、こちらも同じポケモンを一匹だけ出してタイマン勝負をします。
しかもレベルが高い!!!

このあたりがやりこみ要素ですかね。
ポケモンGOのポケモンを連れてこれたりもしますが、僕はこっちはろくにやってないので他の記事を参考にしてください。

まとめ

個人的には楽しめました。
昔に戻った気もしましたし、新鮮なところもありました。

カットシーンが急に流れる場所もあってよかったです。
特にセキエイこうげんについた時に、ついにここまで来たかというシーンが流れるのですが、僕はウルっときました。

このゲームをオススメするプレイヤーは、

・純粋にポケモンが好きな人

・昔遊んだポケモンをもう一度プレイしたい人

・Pokemon GOプレイヤー

だと思います。

以上です。参考にしてもらえれば嬉しいです!!

ポケットモンスター Let’s Go! イーブイ